【第2号】 ビールについて、風俗業求人についての考察、今週の自転車日記

ozekiです。とりあえず、第2号を書き始めれたことで安堵しています。ただ考えをまとめたしょうもない日記でありますが、読んでくれている方々には、感謝申し上げます。早速、本題に行きましょう。

 

1. ビールについて

- ビールにハマった出来事

私はビールが好きだ。初めての一杯は、汗ばむ夏に京都に遊びに行った時に、先輩に連れて行ってもらった焼き肉屋でだった。この一杯から、暴飲大学生になったわけだが、全く後悔はしていない。

ちょうどビールを飲み始めた頃、俗にいうクラフトビールがブームになっており、ヤッホーブルーイングを筆頭に、居酒屋やコンビニでも提供され始めた。ちなみに、初めて飲んだクラフトビールが「僕ビール、君ビール。よりみち」なのだが、またまた、これが美味しくて。これが、財布をむしばむ要因になったこと間違いない。

 

- なぜビールが良いのか

ただ、ビールのホップがどうだとか全く分からなく、酷い味音痴だ。それでも、ビールにハマったのは、コーヒーと比べて、相対的に味が楽しみやすい点だ。

コーヒーは、種類は産地により味が異なり、酸味とか苦味という味覚の観点で語られる。一日5杯くらい飲むくらい好きなのだが、味自体の違いは曖昧で楽しめてはいない。コーヒー味の中で細分化された違いを楽しめなかった。奥が深すぎる。

それに対して、ビールは、種類により味の違いがはっきりしていて、分かりやすい。例えば、スタウトとIPAでは、まるで味が違う。ビールから細分化されたカテゴリーの違いがはっきりしていて、素人からしても、「IPAはこういう味だよね」のように楽しめたのが良かった。コーヒーのカテゴリー分けより、一段階上の部分で、明確な種類分けがされている点で、ビールが好きになったのであろう。もちろん、各種類においての違いを議論し始めたら、コーヒーと同じ世界になるのだが。

 

- 雑記

・ぜひこれから始まるマキノ高原や希望が丘で開催されるシクロクロッサーにおススメしたいのだが、レース後に長浜浪漫ビールで2000円飲み放題を注文してほしい。レースの結果を忘れるくらい最高な週末になることは保証する。

・最近、面白いと思ったのは、作りたいビールを投稿し、実際に作ってくれる、

サッポロビールが始めた事業だ。実際にビールを提案した人と、そのビールを飲みたい人が集まるような、オフラインのCtoCプラットフォームを作ることが趣旨らしい。カッコよく書いてあるが、要は集まって交流する場を提供する場の契機に、ビールがあるという面白いサービスだ。

・日本のクラフトビールで総じて言えるのが、IBUという苦味指数が低いことである。飲みに行っても高くて50とか。ただ、アメリカのブリュワリーでIBU100+とか記載されているトリプルIPAなるビールを飲んだが、あの味が忘れられない。ほぼ真っ黒に近いビールを、重い重い言いつつ、酔っ払いながら飲んでいたのが懐かしい。

 

f:id:ozekims:20181118234457j:plain

▲これはトリプルIPAではない。@Caldera Brewing | Home

 

2. 風俗業求人についての考察

バイト帰りにES書くためにスタバに行ったのだが、隣のテーブルで容姿の整った女の子が勉強していた。一時間くらい経った後に、隣のテーブルに女性がやってきて、高知通費として3000円渡していた。聞き耳を立てていると、Twitter経由で、メンズマッサージ業の説明を聞きに来たらしい。まぁ、マッサージ業という名の風俗だ。

どうやら、その女の子は、パパ活をやっており、更なるお金を求めいるようだ。彼氏持ちではあるため、おさわりは無しで行きたいようだが、それでは、お客さんがつかなくて高い給料を得られないらしい。勧誘主は、初めはみんな抵抗があるが徐々に慣れていくというような常套句で口説いていた。

話は逸れますが、パパ活って流行ってますよね。パパ活アプリ(paters(ペイターズ) 公式Webサイト)もあるくらいです。ずいぶん前に、電車に乗っていたら、女子二人が、あのパパは食事だけで給料がどれくらいだとか話してました。飯食って話すだけでお金もらえるなんて羨ましい。

そこで、最近の風俗業の求人は、パパ活女子にターゲッティングしてきているのではないかと考えた。今でも見るが、広告トラックや新宿スワンに代表されるようなスカウトマンが全女性たちの母集団に対して求人をかけていた。しかし、これらは従来型になっていて、①パパ活女子をtwitterで見つけ出す、②交通費を渡すので話だけでも聞かないかとDMを送る、③勧誘をするという、特定の母集団を最小とした求人に変わってきているのではないかと感じた。

この方法ならば、スカウトマンと同じように、人の説得という慣性を与えることができ、働いてくれる可能性の高い人に集中的に勧誘できるのではないだろうか。しかも、勧誘主も女性であるというところが巧妙だ。非常に効率がいいというわけだ。

 

3. 今週の自転車日記

最近はあまり自転車に乗っていない。今週は自転車については時間の関係で割愛する。すいません。記事の時間の割り振りが課題です。乗らない時は、過去の僕の歴史でも書きましょう。